犬用ハーネスPowerDOG:HOME >> 愛犬用シートベルト >> Power DOGの安全性

PowerDOG(パワードッグ)の安全性

ご存知ですか? 時速40kmで衝突すると、衝撃力は体重の約30倍に力が生じることを・・・

急ブレーキや不意の自動車事故が発生したら、ワンちゃんはどうなってしまうのでしょうか?

かわいいワンちゃんは、車の中でも自由にさせてあげたいものです。しかし、それはワンちゃんにとっても、運転手さんにとっても、すごく危険なことなのです!


ワンちゃんとのドライブ中に、動き回って運転の妨げになったことはありませんか? それが思わぬ事故に繋がってしまう場合があります。想像したくないことですが、強い衝撃によりガラスを突き破って飛び出してしまうかもしれません。また、衝突時に何百キロの凶器となったワンちゃんが、あなたや同乗者を襲ってくるかもしれません。


犬用シートベルトは、日本ではあまり活用されていませんが、運転者の常識となっている国も少なくありません。ワンちゃんも大切な家族だから、安全の為に犬用シートベルトの着用をおすすめします。

 

説明:パワードッグの構造パワードッグは、着衣型チャイルドシート「Power Vest(パワーベスト)」のメーカーと開発を行い、パワーベストの安全技術を犬のシートベルトとして取り入れた、愛犬に優しい安心ハーネスです。

衝撃を受け止める前面のベルトを強固に結合させず、ループを介して連結することで衝撃吸収力を高めています。

首輪を使っていないから、頸部に致命的なダメージを与えることがありません。

 

説明:パワードッグの構造 強い力でハーネスが引っ張られると、肩ベルトと胸パッドが上に引き上げられます。
何かに興味をしめして勢いよく飛び出したり、強くリードを引いた時でも、首に負担をかけないのでお散歩用ハーネスとしてもとっても安心です。
説明:パワードッグの構造 首輪や、首で輪になっているハーネスの場合、この時点で首を締め付けてしまう可能性があります。
しかし、パワードッグは胸パッドがループ構造ですので、首を締め付けることはなく、とても安全です。

今までのシートベルト:衝撃時に首輪が後方に引かれた形になり、愛犬の首を体重の何倍もの力で圧迫します。
パワードッグ:衝撃時にベルトが後方に引かれますが、胸パットとベルトは連結していないのでベルトの動きの影響を受けず、胸パットは胸部から動かず愛犬の首を圧迫しません。

 

パワードッグの強度

パワードッグは、車用のシートベルトを作る時と同じく、専用の工業用ミシンと、丈夫な糸を使って生産しています。また、着衣型チャイルドシート「パワーベスト」で実績のある、特殊バックルを使用しています。

写真:引っ張り強度試験シートベルトは、糸とバックルの強度が非常に大事なのです。

パワードッグは、引っ張り試験で400kgを超える強度を実現しています。

犬の安全を第一に開発

パワードッグの構造・機能は、愛犬の安全を第一に考え開発いたしました。

新製品のパワードッグをはじめとして、弊社は皆さまの身近で安全安心に役立つ各種製品を継続して開発しお届けします。

現在、弊社では特許を申請しております。


「特許申請中」
ループ構造だから首を絞め付けません。

「特許申請中」
特殊バックルと専用糸が愛犬をしっかり支えます。

このページの先頭へ戻る

本物みたいなぬいぐるみ「アニマルワールドは、 Yahoo!ショッピングでお取扱いしております。

大麦若葉100% おいしい朝の青汁は、Yahoo!ショッピングでお取扱いしております。

気軽に使える「紫外線殺菌灯」は、 Yahoo!ショッピングでお取扱いしております。

Yahoo! ショッピングへ

Yahoo! オークションへ

MSアローズでは、「Yahoo!ショッピング」、「Yahoo!オークション」に出店しております。

ドッグ用品以外にも商品をご用意しておりますので、上記バナーよりご利用下さい。

MSアローズ有限会社 〒330-0856 埼玉県さいたま市大宮区三橋2-137-12 TEL.048-644-1300 FAX.048-644-1306