犬用ハーネスPowerDOG:HOME >> 愛犬用シートベルト >> よくあるご質問

よくあるご質問

Power DOG(パワードッグ)についての主なご質問内容をまとめました。掲載以外の事でご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

車に乗ったときのシートベルト装着は簡単ですか?

パワードッグは、普通の散歩用ハーネスのように着けていただき(実際にお散歩でも使えます)、車に乗ったときは、車のシートベルトをパワードッグに通していただくだけなので、とても簡単です。

パワードッグは、犬に優しいと聞きましたが、どのような構造なのですか?

パワードッグの一番の特徴は、万が一の急ブレーキや衝突事故でも首を締め付けない構造です。

ブレーキや衝突事故が起きると、体重の何倍・何十倍の力が加わります。その衝撃を首で受けてしまっては、強い力で首吊りをしてしまうことになります。胴輪形状(ハーネス)であっても、その原理は同じことが考えられます。

パワードッグは、数多くの実験と改良を繰り返して完成した、子供用着衣型チャイルドシートのループ構造を採用していますので、その安全性に自信があります。

シートベルトとして使うなら、強度が心配なのですが・・・。

パワードッグは、着衣型チャイルドシートの製造をベースにしています。

車用シートベルトを作るときと同じ太い糸で縫製し、バックル(留め具)には、強度の高いスチール製を使用していますので、とても強い強度で愛犬をしっかりと支えます。

パワードッグは後部座席でも使えますか?

もちろん使用できます。

シートベルトの付いているシートでしたら、どの座席でもご利用いただけます。

シートベルトに装着しても、犬が動き回ってしまうのですが。

車のシートベルトは、普段は伸び縮みしますので犬が窮屈になることはありません。しかし、あまりにも犬が動き回ってしまうようでしたら、チャイルドシート固定機構(ALR)を使用していただくと、より安全にドライブが楽しめます。

(丈夫なクリップ等でシートベルトを伸びないよう固定する方法もあります)

2007年5月より、「ロッキングクリップ」の販売を開始致しました。是非ご利用下さい。

うちの犬はおとなしいから、シートベルトの必要はないと思うけど。

パワードッグの役目には、「運転の妨げ防止」と「犬の安全」の2つを目的にしています。

大人しいワンちゃんでしたら運転の妨げはしないと思いますが、急ブレーキや交通事故が起きてしまったら、取り返しのつかないことになる可能性があります。万が一に備え、飼い主の方がワンちゃんにも安全対策をしてあげて欲しいと願います。

胸回りが38〜40cmくらいあるので、SSサイズかSサイズで迷っています

SSサイズは「〜約40cm」ですので、SSサイズで平気かと思いますが、ベルトの長さ調整は幅広くできますから、大き目のSサイズを選んでいただいたほうが、ワンちゃんがもう少し大きくなっても使えるのでオススメです。

このページの先頭へ戻る

本物みたいなぬいぐるみ「アニマルワールドは、 Yahoo!ショッピングでお取扱いしております。

大麦若葉100% おいしい朝の青汁は、Yahoo!ショッピングでお取扱いしております。

気軽に使える「紫外線殺菌灯」は、 Yahoo!ショッピングでお取扱いしております。

Yahoo! ショッピングへ

Yahoo! オークションへ

MSアローズでは、「Yahoo!ショッピング」、「Yahoo!オークション」に出店しております。

ドッグ用品以外にも商品をご用意しておりますので、上記バナーよりご利用下さい。

MSアローズ有限会社 〒330-0856 埼玉県さいたま市大宮区三橋2-137-12 TEL.048-644-1300 FAX.048-644-1306